WORKS

木造を感じる家

とても広々とした一階は、すべての空間がひとつにつながっています。
ゾーニングによって各機能を分け、
壁がなくてもそれぞれ独立した部屋のように居心地良く過ごせます。

8畳の和室がメインリビングとフラットに隣接しており、
オープン、クローズ、客間、寝室と、どのような使い方もできます。
建具と空間の取り方で様々な用途に部屋を活用できる、まさに木造住宅の真骨頂です。

玄関土間は、たくさんのお客様がいらしても靴で乱雑にならないよう、広く長くとっています。
奥には家人用の収納を設け、玄関はよりすっきり美しい状態を保ちやすくなりました。
玄関は家の顔。
清潔な状態に保つことは、住む人はもちろん、訪れる人も気持ちよくしてくれます。

二階のデザインが特徴的です。
一部、中二階のように独立した空間があり、
吹き抜けにより、一階からもお互いに様子を伺い知ることができます。
お子さまがここで宿題をしたり、また、日当たりがよいので、日向ぼっこにもいいでしょう。
造作のテーブルは仕舞えるので、洗濯物や布団を干す場所としても使えます。
日中は仕事に出ていて留守だけど、日光の下で洗濯物を干したい。
このような希望も叶えられます。
ちょっとした空間だけれども、いろいろな使い方できる多目的なスペースはワクワクします。

大空間を支える構造は太く、力強いですが、
必要以上に重くならず、存在が気にならないよう、明るく広い、さわやかなデザインとしました。
木造住宅の力強さと清々しさを存分に感じることができる家です。