WISE SCAPE - ワイズスケープ / 福島の木造注文住宅、住宅設計

CONCEPT

make scene .「役に立つ」、より「意味がある」。

住みやすい、いい家とはなんでしょうか。
機能性や性能はとても大切な要素です。
省エネ性能、断熱性能、耐震性能、
機能的なキッチンやドレスルーム、機能的な…。
当然、私たちもこれらの要素は大切にしています。
しかし、最近の家づくりは便利=役に立つことばかりになっていませんか?

私たちが目指す「住まい」は、住まう人の人生の一部になる家です。
これは機能性、役に立つ、だけでは実現できません。

いままで多くのご家族と対面し、
そのご家族にとっての「住まいの意味」や「意味のある場所」を探し、
読み取り、知恵と技術でかたちにしてきました。
「役にたつ」だけでは補えられない、
その家族ごとの特別な、意味のある「住まい」が必ずあります。

「役に立つ」より、「意味がある」
これが私たちが家をつくる意味であり、
お客さまにご提供できる唯一無二の価値でありたい。
これまでも、そして、これからも。

WISE SCAPEのバックグラウンドには、
日本の伝統的な木造建築の「知恵」に対する敬意と探求があります。
古来から伝わる家づくりの技術は、知れば知るほどに奥が深く、
現代のテクノロジーに劣らない叡智が秘められています。

わたしたちは常に住まいを「景観」の一部だととらえています。
自然界において、私たち人間が手を加えられる部分は微々たるもの。
だからこそ、お客さまが求めるシーンにふさわしい景観を選び抜き、
その景観に調和できるデザインを目指しています。

あなたが描きたいと願う、
そのシーンを、お聞かせください。

家の大きさや間取り、設備や機能にこだわることは重要なことです。
でも、もっと大切なのは、「なぜ、広いリビングがほしいのか」
「どうして使いやすいキッチンが必要なのか」を考えること。
その思索の向こう側には、きっと、
心からながく永く住み続けたいと思える理想の住まいの姿があるはず。

これからつくる家の中で、家族とともにどんなシーンを描きたいのか。
壮大な希望でも、些細な願いでもかまいません。
まずはその想いを、私たちにお聞かせください。